2017年の年末イベントは、ノーゲームノーライフコラボらしい[かんぱにガールズ]

かんぱにガールズ
この記事は約4分で読めます。

ノーゲームノーライフ・・・知らんがな。今回のブログの中身は、「  」(空白)かな・・・。
と、思ったらゲーム強兄弟が異世界に飛ばされてチェスかなんかやる漫画なら読んだ気がした。と、いう事でそんな感じの漫画。原作は、小説らしいですがそれとのコラボ中らしいです。

ノーゲームノーライフコラボ

とりあえずノーゲームノーライフ中に出てくるキャラが3体コラボで出てきます。それ以外にもアイテムが貰えたりコラボクエストがあったりです。

コラボクエストは、いつもの通り社長室のメニューにコラボイベント入り口ボタンが用意されていますし通常のクエストボタンからも行けます。
実際にコラボクエストに行くとストーリークエストとかいうのがあります。こちらは、コラボのストーリーモードで原作を知らない人もなんとなく知った気分になれる物語が表示されるだけのクエスト。スキップですっ飛ばしたので何が書かれていたかは不明です。
経験値やゴールドが目当ての人は、戦闘があるコラボクエストへ挑みます。
初級から超級まであります。
相手は、こんなのや。
こんなの。 超級でもこの位の経験値です。通常のクエストよりも経験値やゴールドが多目なのでイベント中は、コラボクエストを繰り返すとズンドコ経験値が溜まりそうです。他にもノゲノラメダルという物も貰えます。ちなみに当方の一番レベルの高い部隊で戦って毎回こんな結果。メルノアとテレージアは、毎回やられキャラです。

ノゲノラメダルを集めると社長室のコラボイベントボタンから入れるコラボメニュー画面にある交換所で色々なアイテムと交換できます。交換できる一例。

ボイスとかいうアイテムもあって手に入れるとしゃべる音声が変わるという物らしいです。完全なファンアイテムですね。

イベントプレゼント等

前回は、夏真っ盛り頃ログインしたので今回ログインすると色々とプレゼントメッセージが届いています。
ずらずらとみていくとGooglePlay版とかいうのがあります。どうやらAndroid用のアプリ版が登場したようです。それをダウンロードしてPCとAndroid両方プレイするとシャインストーンが貰えたり色々と貰えます。
コラボプレゼントでステフの封筒というものも貰えます。
使うと履歴書選択画面に封筒は、一個しかありません。
封筒を開くと最強の盾「ボール」と最強の武器の「泡だて器」を持つステフが貰えます。
どんな性能かとみてみると。レベル1なのでそんな性能ですが☆4ですね。まぁ、今更育てる気も・・・。

それ以外にゲーマーからの招待状という物があります。
使うとクエストにゲーマーの世界というクエストが追加されるのでそこからクエストに行きます。
どんな敵が現れるかと言うと各クエストのタイトルに関連した敵が現れます。「ポーカーの世界」だとトランプマンとか。トランプマンを全部倒すと経験値が結構貰えます。お得。調子に乗って次のクエストへ。こちらは、「しりとり」。モニク、クレアという具合に名前のしりとりのようです。
で、倒すとババーンと・・・あれ?経験値少ない。どうやら経験値たくさん貰えるのは、最初の一回だけみたいです。でも、その代わりゴールドがたくさん。ランダム???。
ブラックジャック。経験値、ゴールド共に3万になってしまいました。む~~。

その他

以前のメンテナンスからあったようですが浮遊大陸なるクエストもありました。進めるとレアアイテムが貰えるみたいです。
浮遊大陸も複数あるようで各大陸で特色が異なるようです。浮遊大陸へ行ってみるとRPGのような画面でマップ探索を行い次のマップへの出口を見つけ門番を倒すという流れになります。途中未鑑定アイテム等を拾ったり探索中敵が現れますが最初は、それなりに雑魚です。門番は、それなり。ピコピコ進んでいくと途中でモンスターが警戒を始める時が有ります。こうなるとマップ探索中聖水が切れた某勇者のようにじゃかすか敵が出てきます。

浮遊大陸クエストでは、強化石というアイテムも手に入ります。こちらは、徽章という物体をパワーアップする為の材料になります。こちらは、普通に施設画面の右上に移動工房として表示されています。徽章関連は、移動工房で処理できます。移動工房に行くと眠そうなオヤジが居ます。ためしに徽章の強化を依頼しますと暗闇でオヤジが作業します。暗闇で酔っ払いオヤジがけしからんビデオを見ているようにも見えます。で、このオヤジてんでダメです。徽章を破壊した挙句徽章がヤンチャだったとかぬかします。やはり、ダメオヤジは、ダメオヤジのようです。

後、気付いた点としては、工房で武器や防具を作成するときに熟練度が関係するようになったようです。同じ武器や防具等を作成すると作成しただけ熟練度が上がって良い性能の製品が出来上がる可能性が少しだけ上がった気がするようになるような気がする仕組みのようです。

最後に

Android版もできて出先でちょこちょこレベル上げが行えるようになったり結構進化してきています。イベントの内容の受け止め方は、コラボ相手次第ですのでピンキリですが浮遊大陸等は、新しい試みです。と、言っても過去の他のRPGのマップ方式に戻ったというかハイドライドシステム等から脈絡と受け継がれしマップ方式を取り入れただけと言う感じですけど。まぁ、ヘックスじゃないだけましかな。

それにしても・・・DMM運営なのにコラボ先がエロ漫画にならないのが不思議です。今日は、そんな事思いました。マル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました